Microsoft製品  >>  DSP版 Windows

DSP版 Windowsについて

DSPとは Delivery Service Partner (デリバリー サービス パートナー) の略で、 正規マイクロソフト Windowsライセンスの販売方法の 1 つであり、正規 OEM 製品販売代理店経由で 提供される汎用パソコン向けの Windows ライセンスです。


・DSPは新規インストール用のライセンスです
DSP 版は、新規インストール用のライセンスで、アップグレード対象の Windows が入っていない PC 環境にてお使いになれます。
アップグレード対象の Windows が入っていない PC 環境というのは、「デュアルブート環境」や「仮想化環境」も含まれます。

・32 bit 版と 64 bit 版は個別の販売となります
DSP 版は、Windows 8 Pro アップグレードパッケージと異なり、32 ビット版と 64 ビット版はそれぞれ個別に販売されています。
*DSP 版の場合、ご利用中の 32 ビット版の Windows 8 DSP 版を 64 ビット版へ (もしくは 64 ビット版から 32 ビット版へ) 切り替えるには、再度対象の DSP 版の購入が必要になりますのでご注意ください。


詳しくは下記サイトをご覧ください。

▽ DSP版の販売方法*
http://www.aec-rrp.com/DSP

▽ Windows 10のポイント*
http://www.aec-rrp.com/Windows10
*旭エレクトロニクスが運営するMRRプログラム特設サイト内のコンテンツです。




DSP版 Windows 製品一覧

DSP版 デスクトップOS
DSP版 Windows® 10 Pro 64bit
DSP版 Windows® 10 Pro 32bit
DSP版 Windows® 10 Home 64bit
DSP版 Windows® 10 Home 32bit
DSP版 Windows® 8.1 Pro 64bit
DSP版 Windows® 8.1 Pro 32bit
DSP版 Windows® 8.1 64bit
DSP版 Windows® 8.1 32bit
DSP版 Windows® 7 Professional 64bit SP1
DSP版 Windows® 7 Professional 32bit SP1
DSP版 Windows® 7 Home Premium 64bit SP1
DSP版 Windows® 7 Home Premium 32bit SP1


DSP版 サーバーOS
DSP版 Windows® Server 2012 Datacenter Edition (64bit版のみ)
DSP版 Windows® Server 2012 Standard Edition (64bit版のみ)
DSP版 Windows® Server 2008 R2 SP1 Standard Edition (64bit版のみ)
DSP版 Windows® Server 2008 R2 SP1 Enterprise Edition (64bit版のみ)
DSP版 Windows® Server 2008 R2 SP1 Datacenter Edition (64bit版のみ)
DSP版 Windows® Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems SP1 (64bit版のみ)
DSP版 Windows® Server 2008 R2 SP1 Foundation (64bit版のみ)