FA-PC監視システム

概要
FAパソコンのRAS,IPMI機能を利用した状態収集を行います。
収集データを遠隔モニターで、監視・管理を行い実故障前の兆候から事前予防対策が可能となる予防監視システムです。

取組み課題(例)
1) FA-PCの交換時期は?              ・・・ 管理されているか。
2) 度々、同じ運用(場所)のFA-PCが壊れる     ・・・ 原因追求はされているか。
3) 壊れてからの手配・入替で再起に時間を要する   ・・・ 在庫管理・予防保全されているか。

特徴
1) 予防保守による保守効率向上
2) 交換部品/消耗品の最適在庫管理
3) 保守業務効率の改善

イメージ図


画面イメージ
ダッシュボード表示例 機器情報一覧確認表示例
全体稼動情報や未処理警告情報を一元管理

監視対象機器の稼働情報を一覧表で簡単確認
警報一覧表示例 稼動状態グラフ表示例
監視情報が設定閾値を超えれば警報を表示し、
その情報を関連部門にメール他通知します。
FA-PCの稼動状態をトレンドグラフで表示
  
仕様
・ OS
  - Linux: Redhat Enterprise Linux 4~5
  - x86(32bit,64bit) 、CentOS 適宜拡充予定
・ CPU:Pentium3 400Mhz以上推奨
・ メモリ:256MB以上 推奨
・ ディスク容量:100MB以上
・ モジュール
  - Apache 2.2.x以降(ディストリビューション依存)
  - PHP 5.x
  - MySQL
  - Zend Optimizer (無償モジュール)