PRODUCTS & SERVICE

事業内容

TOP | 事業内容 | OPTO22 製品 | groov EPIC (IIoT EDGE)

groov EPIC (IIoT EDGE)

It’s not a PLC. It’s not a PAC. It’s not a PC.
40年以上の長きにわたって世界各地の各種産業設備のオートメーションに貢献する製品を供給し続ける企業 OPTO22社が IIoT(Industrial IoT, 産業向けIoT)システムに向けて、その経験とノウハウの全てを注いで開発した製品が groov EPIC です。
EPIC とは、Edge Programmable Industrial Controller(EPIC) からの命名です。

groov MANAGE

groov MANAGEは、お客様のgroov EPICシステムの管理用ソフトウェアで、CPU、I/Oモジュール、ネットワークインターフェースなど各種システムリソースの設定、ユーザー権限の設定などが行えます。EPIC本体上のタッチスクリーン、外部のパソコン、スマートフォンやタブレット端末のブラウザなどから利用することができます。

PAC Control

PAC Controlは、groov EPICのアプリケーション開発ツールのひとつで、OPTO22社独自のフローチャート型プログラム開発用ソフトウェアです。パソコンで動作する編集ソフト上で、言語ではなくグラフィカルなフローチャート部品を配置しながらプログラム製作を行い、実行形式にコンパイルされたモジュールを、groov EPICにダウンロードしてデバッグと実行を行う環境を提供します(スクリプト言語の利用も合わせて可能です)。

CODESYS

ラダー言語主体のアプリケーション開発ご要望の際は、IEC 61131-3 準拠のCODESYS®システムのご利用が可能です。ラダー(LD)のほかファンクションブロックダイアグラム(FBD)、構造化テキスト(ST)、シーケンシャルファンクションチャート(SFC)によるプログラム開発が行えます。CODESYS Storeのご利用で、機能の拡張も可能です。

SSH

Python、C/C++などの言語を利用したお客様のカスタムアプリケーションの実行をgroov EPICに搭載されたLinux(Yoctoベース)のssh(secure shell access)でサポートしています。

groov VIEW

お客様はWEBブラウザでgroov VIEWにアクセスしてHMI画面の作成・管理と、運転時の画面表示・操作を行っていただくことが可能です。ユーザ権限の管理と通信の暗号化がサポートされておりセキュアなHMI画面による操業を行っていただけます。
 
OPTO22 DEMOサイトはこちら 
[DEMO サイトログイン情報]
ユーザー名: trial
パスワード: opto22

Ignition EDGE

各種OTサイドデバイスとのOPC-UAによるセキュアなデータ交換とMQTTによる上位システムとのデータ交換機能を提供するInductive Automation®社のIIoTプラットフォームです。

Sparkplug MQTT

多くのデバイスから構成されるIIoTシステムのデバイス間データ交換を効率的に行う通信プロトコルであるMQTTのクライアント(publisher/subscriber)モジュールで、Ignition EDGEと連携して動作します。デバイスデータの状態管理を含む Sparkplug仕様の通信対応も可能です。

Node-RED

プログラム作成に必要な各種処理をNodeという形で用意しておき、それらをWebブラウザ上で利用できるグラフィカルなプログラム開発ツールによって、必要に応じて組み合わせIIoTアプリケーションを構築することができるオープンソースのプログラミング環境です。様々な用途に適合する機能を持った多数のNodeが公開されており、これらを活用することで短期間で目的のアプリケーション構築を行うことが可能です。
 
米OPTO22公式ブログはこちら
米OPTO22公式フォーラムはこちら